News

【母の日】ひとり親家庭の子どもたちへママにお花を渡す機会を全国5箇所で同時開催!
フードパントリー開催もあわせGWの困窮対策にも
2021.4.26



ひとり親家庭の自立を多方面から支援する一般社団法人ハートフルファミリー(本部:東京都新宿区、代表理事:藤澤哲也、以下ハートフルファミリー)はひとり親世帯へのパントリー活動(寺社教会にて開催)にて母の日に子どもからお母さんへカーネーションを渡す機会と成長記録となるお写真をお届けします。
 

熊本県熊本市・宇城市・石川県小松市・愛媛県松山市 
全5ヶ所で街”母の日街HUBパントリー”同時開催

街HUBパントリーとはハートフルファミリーが取り組む
シングルファミリー(ひとり親家庭)へのフードパントリー開催により顔の見える繋がりへの機会作りと応援活動です
。
今回はひとり親家庭を優先して予約を受け付けますが、
お子さんがお母さんへありがとうを伝える機会としての場づくりといたします。

主催:ハートフルファミリー
全国協賛:株式会社LORANS.
熊本開催協賛:熊本大同青果株式会社・ラブラブグローバル菊池
協力:熊本県宇城市 光照寺・熊本県熊本市 香福寺・熊本県熊本市浄行寺・石川県小松市こまつ子ども食堂
三道山子ども食堂真宗大谷派西照寺・愛媛県松山市 三津教会・熊本県宇城市ひとり親協議会・小松市能美市母子寡婦福祉協会・ラブラブグローバル菊池・合資会社長江眼鏡店
 

母の日や自身の誕生日を祝ったり労ったりすることが難しいひとり親家庭

奮闘する日々、ひとり親世帯を支えるママ(パパ)に労いを届けたい。
ひとり親家庭のライフスタイルにお花があることは限りなく少ない中、心を少し暖かくしてくれる花の力をお子様の笑顔と一緒にみることができたら、きっと不安や悩みを少しだけ乗り越えられるはず。
ハートフルファミリーでは物資による直接支援も行いながら、それぞれが奮起できるよう心の応援に力を入れています。
 

 

ママはいつもカメラマン。子供の写真はあるけど自分が一緒に写っていない寂しさ

子供の写真は沢山取るが親子での写真は本当に少ないという実感は多くのシングルマザーシングルファザーが感じています。

ポラロイド写真の利用により参加者が安心して撮影に参加し現場でお持ち帰りいただきます。

 

地域と一緒に顔の見える繋がりづくりに取り組み頼り合いの社会を作る「街HUBプロジェクト」

街HUBプロジェクトとは、
地域の子どもたちを見守る街づくりとしてシングル世帯を含む子育て世帯が頼れる場所を知ることができ、
見守る・応援する活動を知らせることで必要な人に必要な情報を届ける繋がりづくりです。
顔の見える繋がりを持つことはシングルファミリーが明日を乗り越えるための最も重要な事であると考えています。

困難を乗り越えるとき、 頑張ることができるとき、 それは、 支えられてると感じられた時であるのではないでしょうか。
そんな応援づくりは 子どもたちの笑顔に触れることでみんなが一緒に取り組めることになります。
地域での頼りあい、顔の見える誰かと繋がれるように きっといつか、「ひとりぼっち」と感じてしまうことが無いように街が家族になれるように、そんな想いを込めたプロジェクトです。
 

ハートフルファミリーが取り組むひとり親世帯への応援の取り組み

ハートフルファミリーはシングルファミリーの本当の自立として経済的な自立に立ち向かえるよう情報提供を始め物資支援・相談窓口などつながり作りをオンラインと地域と共に作り、ひとりじゃないという環境作りを行い、強く生きる覚悟を応援します。

【物資の応援】
サプライズBOXという物資を詰め込みエールを送る取り組み
コロナ禍対策として全世帯への救援物資送付メッセージ動画 ≫ こちらから
 
【相談の応援】
LINEによる相談窓口によるすぐに繋がれる場所の提示
 
【情報の応援】
必要な情報を地域ごとカテゴリごとに掲載する情報プラットフォーム「ハートフルバンク」の運営
https://hartfullbank.com/
 
【就業の応援】
本気でお仕事探しLINEによる就業相談による求人案内
 
【繋がりの応援】
顔の見える繋がり作りとして街HUBプロジェクトの展開
街HUBパントリー動画 ≫ こちらから
 
 
プレリリースのダウンロードはこちら ≫
 
<本件に関するお問い合わせ先>
一般社団法人ハートフルファミリー 広報担当:西田真弓
E-mail:public@hf-f.com
tel: 03-3868-2587

TOP