News

HFFがミクシィの「みてね基金」の支援先団体に選定!
シングルファミリー世帯へ食糧・物資の定期配送、7月7日に第1回目を配送開始いたします!

 

 
 シングルファミリーが⾃⽴し、親⼦の絆を深めながら未来へ向かって毎⽇を過ごすことができる社会づくりを⽬指す⼀般社団法⼈ハートフルファミリー(以下、HFF。代表理事 藤澤哲也)は、シングルファミリー世帯への以下の⽀援を⽬的に、株式会社ミクシィ設立「みてね基金(※)」の⽀援先団体に選定され(参考:ミクシィ株式会社プレスリリース:「https://mixi.co.jp/」)、明⽇、その第⼀回⽬配送を開始いたします。
 

●「みてね基⾦」を受けてHFF が実施する⽀援の内容

<対象>
ハートフルファミリーに登録するシングルファミリー世帯:2000世帯

<配布数>
累計6,000世帯
※対象者に対して合計3回の配送を予定

<梱包日>
第1回一斉梱包日:7月7日
梱包会場:坂戸市坂戸西インター1
(株)GDL ハートフル支援物資
梱包ボランティアスタッフ:50名

<期間>
配送開始:7月
※2020 年 7 月、9 月、11 月、の合計 3 回の配布
 


 

 シングルファミリーの自立への応援活動を行うHFFでは、このコロナ禍における生活困窮に対して多くのSOSを受けており、中長期的な自立への支援はもちろん、明日の食卓の心配を少しでも軽減することができる物資の支給が急務であると考え、「みてね基金」の支援を受けて、現HFFの会員2000世帯超に対して、7月から隔月、合計3回にわたる食材及び物資を無償で定期配送するプロジェクトを実施します。
 
 HFF が創業時から取り組んできた物資提供「サプライズ BOX」は、その箱の先にいる顔の⾒えない誰かのエールを感じる機会として⼼の応援を届け、ひとりじゃない「繋がり」を感じることで明⽇への活⼒となることを⽬的に、不定期に⾏ってきました。
しかしながら、コロナ禍におけるシングルファミリー世帯の⽣活⽀援は⼀定期間連続した⽀援であるべきだという思いから今回の応募に⾄りました。
 
 今回 2000 世帯への3回継続の物資提供は⽇々の⽣活を⽀えるだけでなく、未来の⾃⽴にむけた⼼の応援になることも⽬的に、シングルファミリー世帯の孤⽴や更なる困窮に陥ることがないよう、活動を⾏ってまいります。
 
 シングルファミリーの⽣の声や、物資配送の様⼦をご⽀援、ご取材いただける報道関係者の⽅、また、シングルファミリー⽀援にご協⼒いただける企業・団体・個⼈の皆さまは、以下までご連絡いただけますよう、お願いいたします。

 
 

プレリリースのダウンロードはこちら ≫
 
本件に関するお問い合わせ:一般社団法人ハートフルファミリー
広報担当:西田 Mail:public@hf-f.com

TOP