hf_f.new

ひとり親家庭が抱える多くの問題は、
子育てをしながら安定した仕事を得られない現実があることです。
子育てをしながら、空いている時間帯で収入を稼ぎ出すことは、
現在の労働環境の中で非常に難しいことでもあります。

 

 

hf_f.new

①子育ての合間の時間帯で働ける環境が必要

ひとり親で、子供を抱えながら、空いている時間帯で働くことは今の時代非常に困難です。
ひとり親への偏見なども多く、安定したお仕事が望めません。
そこで、ひとり親として限られた時間帯でも働ける企業を探し提供していきます。

②スタートする際にかかる初期費用の問題が発生

多くのひとり親家庭が抱える問題として、仕事や事業をスタートする際にかかる初期費用の問題があります。
そのスタート時に発生する初期費の一部を一般社団法人シングルファミリー支援団体が一時的にサポートして独立支援を行う仕組みを提供します。

③ノウハウ、スキル、学ぶ環境がない問題

仕事を始める際の適切な時期での、アドバイス、スキルアップ、サポート環境の提供を行っていきます。
税務関連、仕事の成功の方法など。

④子供を預ける環境ががない問題

支援団体では地域の託児所とのタイアップを行っていきます。
それに伴い、大手荷主業様の近くの託児所とタイアップもしていきます。
それ以外にも、当団体での直営の託児所の整備の支援も行っていく予定です。

⑤[ひとり親家庭である]と地域や一般社会が識別しづらい問題

ひとり親家庭の存在をそうでない多く方がシングルマザーなんだ、とか、シングルファザーなんだと認識することは非常に難しいのが現状です。もし、識別することができれば多くの支援や助け、大きなお節介など、心温まる触れ合いやサポートが得られることもあると思います。
そんな助け合う社会を作りたい。
そのためにも、ひとり親家庭で頑張っています!と認識できるシンボルマークを作り上げました。
社会が認識しやすい環境、助け合う社会を作ることを目指します。

広く多くの方からの、日本家族としての
温かい支援がなにより必要です。
人口減少社会と言われる時代に、
手厚い海外支援は増える一方です。
 
今、未来の日本を支えてくれる子供達が、
親の貧困から格差が激しく生まれ、
適正な生きる権利さえ奪われる時代に、
日本の未来の子供達を支える
親の働く環境が劣悪化しています。
 
必要なことは! 助け合うこと! 
立ち上がる機会を与えるだけです!

 
只々、支援をお願いするのではなく、
支援が実る、支援が実現する環境の整備が
あってこそ生きる支援になると考えます。

 

hf_f.newhf_f.new

TOP
∧